取扱商材products

SAS(睡眠時無呼吸症候群)対策に最適「Y4 Bangle」(ワイフォー・バングル)

睡眠時無呼吸症候群による交通事故・労働災害の抑止に最適なスマートウォッチ

睡眠時の健康測定ができます

睡眠時の健康測定ができます

  • 赤外線センサー、緑色センサー、信号受信センサーの3つを搭載。
  • 歩数、距離、消費カロリー、心拍数(最低/最高/平均)、睡眠時心肺推移(HRV)、睡眠活動(睡眠時無呼吸カウント・低酸素時間・呼吸数・心臓負荷)、体内酸素量、呼吸数、疲労度を把握することができます。
  • 取得したデータは、スマホアプリに自動で入力されます。
  • 皮膚を通して動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定するための医療機器として、中国の医療機器(NMPA)認定を取得済みです。

[同期] Bluetooth 4.0〜によるワイヤレス同期/スマートフォン(iOS/Android)とワイヤレス同期
[充電方法] USB充電(ケーブル不要)
[充電時間] 1〜2時間
[待機時間] 5〜8日(一般使用:3日程度)
[防水等級] IP67
[手首周囲] 150mm〜260mm
[重量] 25g

「Y4 Bangle」(ワイフォー・バングル)の優れた感知機能

「Y4 Bangle」(ワイフォー・バングル)の優れた感知機能

  • 歩数
  • 距離
  • 消費カロリー
  • 心拍数(最低/最高/平均)
  • 睡眠時心肺推移(HRV)
  • 睡眠活動(睡眠時無呼吸カウント・低酸素時間・呼吸数・心臓負荷)
  • 体内酸素量
  • 呼吸数
  • 疲労度

他社のスマートウォッチとは、ここがちがう!

  • 睡眠時心拍推移(HRV)の感知と把握
  • 睡眠時無呼吸体内酸素の感知と把握
  • 呼吸数の感知と把握
  • 低酸素状態の感知と把握
  • 心拍負担の感知と把握
睡眠時無呼吸症候群(SAS)が及ぼす深刻な影響と莫大な被害(運転手さんと健康被害 資料編)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)が及ぼす深刻な影響と莫大な被害(運転手さんと健康被害 資料編)

  1. 健康起因事故を起こしたドライバーは健康指標の数値が悪い
  2. どんな病気が自動車運転に支障を及ぼすのか?
  3. 心臓や脳の疾患が原因で起こる事故が非常に多い
  4. そもそもの問題は肥満
  5. なぜドライバーには肥満が多いのか?
  6. 肥満が引き起こす取り返しの利かない危険
  7. 職業運転者の睡眠時無呼吸症候群 その実態
  8. 恐怖!睡眠時無呼吸症候群による事故の多いこと!
  9. これだけある!事業者に課せられる法的責任
  10. 健康起因事故での事業者法的責任事例
  11. タクシー事業者に対する監査実施数と車両使用停止件数

ホワイトペーパーのダウンロードページはこちらです

TOP